商品カテゴリ一覧 > GRE(R)テスト教材 > GRE(R)テスト公式オンライン模試 POWERPREP PLUS(R) Online - Practice Test

GRE®テスト公式オンライン模試 POWERPREP PLUS® Online - Practice Test

TOEFL iBT Complete Practice Test
  • GRE

GRE®テスト公式オンライン模試 POWERPREP PLUS® Online - Practice Test

GREテスト対策用公式オンライン模試。全科目でスコアが確認できます。ライティング解答例と採点者のコメント付きでより良質の解答ができるよう導きます。

商品番号 GREPPP

制作・サイト運営:ETS

収録内容と機能 ※2023年9月22日(金)以降の新形式に対応しています。

  • 2023年9月22日(金)以降の新形式テストに対応しています。新形式では各セクションの問題数が減り特にAnalytical Writingの「Analyze an Argument」が無くなりました。新形式テストへの変更点の詳細はこちらからご確認ください。
  • ・GRE General Testの時間制限付きの模擬試験1回
    ・Verbal Reasoning、Quantitative Reasoning、Analytical Writingの3科目全てで数分以内に採点
    ・Verbal ReasoningとQuantitative Reasoningの全問題の正解および解説
    ・Quantitative Reasoningの全問題で正解を導くストラテジーを解説
    ・Analytical Writingの採点済みサンプル小論文(採点者のコメント付き)
    ・テスト結果を要約したスコアレポート

その他

  • 有効期限あり 模擬テストと模擬テストの結果は、テストにアクセスしてから90日間利用することができます。

アカウント作成とバウチャーコード登録について

この教材はGREテストのアカウントを作成しバウチャーコードを登録して利用できます。 アカウント作成からテスト開始までのステップは「GREテスト教材バウチャーコード登録と教材の利用方法」でご確認ください。

GRE®テスト公式オンライン模試 POWERPREP PLUS® Online - Practice Test

GRE(R)テスト公式オンライン模試 POWERPREP PLUS(R) Online - Practice Test

GREテスト教材GRE(R)テスト公式オンライン模試 POWERPREP PLUS(R) Online - Practice Test

おすすめ
  • GREテスト

商品番号 GREPPP

GREテスト対策用公式オンライン模試。全科目でスコアが確認できます。ライティング解答例と採点者のコメント付きでより良質の解答ができるよう導きます。

5,500円(税込)

在庫わずかです

数量
注意事項
購入前に必ず以下の注意事項をご確認ください。その後「注意事項の確認」「同意して購入する」を選択されますと「カートに入れる」ボタンが有効になります。

必要な機材とシステムについては下記「必要なシステム動作環境」を参照ください

  • GREテスト対策用教材です。TOEFLテスト対策用テストではございませんのでご注意ください
  • 2023年9月22日(金)以降の新形式テストに対応しています。新形式テストへの変更点の詳細はこちらからご確認ください。
  • キャンセル・返品は受付けておりません
  • *この教材はGREテストのアカウントを作成しバウチャーコードを登録して利用できます。コード登録は日本国内からのみ対応しています。 Practice Test が複数ありますので登録時に希望するテストを選択してください。アカウント作成からテスト開始までのステップは「GREテスト教材バウチャーコード登録と教材の利用方法」でご確認ください
  • *テストは1回のみ受験できます。Quit w/Saveで中断しながらの受験は可能ですが解答せずに進めて完了した場合も1回とみなされます。テストとテストの結果は、テストにアクセスしてから90日間利用することができます
  • *ご購入前に「よくある質問」を必ずご覧ください
  • *バウチャーコードをE-mailでお届けします。バウチャーコード送信のメール到着から2週間以内にご自分のアカウントに登録が必要です。コード登録は日本国内からのみ対応しています。登録日から利用有効期間は90日間です
  • *即時自動送信ではございません。ショップ営業時間内の対応となりますが、 入金確認後3〜5営業日以内に送付いたします(土日祝日の送付はございません)
  • *メンテナンスに関してはメンテナンスページでご確認ください
  • *POWERPREP PLUS® Online - Practice Testは" ETS GREテストアカウント"内からご利用いただくものです。したがってご利用者様が専用サイトにご登録いただく個人情報は" ETS GREテストサイト "のみで管理しておりTOEFLテスト公式教材ショップでは所有いたしておりません
GRE®テスト教材 GRE®テスト公式オンライン模試 POWERPREP PLUS® Online - Practice Test
必要なシステム動作環境 POWERPREP® Practice Tests System Requirements
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

 

GRE講師によるレビュー

  • まずは早めに模擬試験を受験してみよう

    ●利用して良かった点
    (1) 3セクション(Verbal Reasoning<英語>, Quantitative Reasoning<数学>, Analytical Writing<ライティング>)の点数を受験直後に知ることができる。
    (2) VerbalとQuantitativeにおいては「正答数」「自分が選んだ答え」「正解」「問題の解説」「問題のレベル(1〜5)」を閲覧することが出来る
    (3) Writingにおいては「e-rater(AI採点エンジン)による点数」と「サンプルエッセイ(score 1〜6)」が提供されることに加えて、自分が書いたエッセイをテキストドキュメントで保存して閲覧することが出来る。

    ●感想とアドバイス
    GREの試験形式や問題傾向を知ることができる素晴らしい模擬試験です。本試験とほぼ同じ形式で実施されるので、GREについて研究する上で最良のマテリアルだと思います。

    模擬試験は早めにまずは1回受験してみましょう。多くの受験生が「自信がない」「しっかり勉強してから受験したい」等の理由で模擬試験の受験を後回しにしてしまうのですが、学習を開始する前に、あるいは学習の初期段階において、この模擬試験を1回受験することをお勧めします。その理由は「テストの内容や形式を体感するため」と「現時点での実力や点数を把握するため(アセスメントのため)」です。この模擬試験を受験することによっては「現在の点数」と「目標点数」のギャップを知ることができるので、目標を達成するまでにどのくらいの期間が必要になりそうかをイメージすることができます。私はGREについての個別面談を実施する際には、事前に模擬試験を受験することを強くお勧めしています。

    ただし、学習の初期段階で模擬試験を受けすぎると後日アセスメントで使う模擬試験が無くなってしまうので、2回目以降の受験時期は慎重に考えるべきです。公式問題集等の学習を経て、目標点に近い点数が取れそうな状態になってから、2回目(POWERPREP PLUS® Online - Practice Test 2 )を受験することを推奨します。

    1つ注意していただきたいのはQuantitative Section(数学)においては計算機を使うことが出来るという点です。画面上部の「Calc」と書かれたアイコンをクリックすると画面上に計算機が出現します。ルート(√)計算も出来ますし、数字を入力する問題(Numeric Entry Question)においては計算機上の「Transfer Display」をクリックすると計算機に表示されている計算結果(数字)を回答欄へ表示させることもできます。尚、この模擬試験を受験する前に計算機の練習をしておきたい方は、「POWERPREP® Online - Practice Test 1 (Untimed - No scores provided)」という無料模擬試験を活用することをお勧めします。

    模擬試験と本試験の違いについては、特に以下の点に注意してください。
    (1) 模擬試験は途中で中断して後日受験を再開することができるが、本試験は(当然ながら)途中で中断することは出来ない。
    (2) 模擬試験においてはVerbalとQuantitativeは2セクションずつ出題されるが、本試験においては通常VerbalかQuantitativeのいずれか片方が3セクション出題される。(3セクション出題される科目はどれか1セクションがスコアに関係しないダミーセクションである。)(※2023年9月22日(金)以前の形式です。新形式についてはこちらからご確認ください)
    (3) 模擬試験においてはエッセイ(Writing)の採点はe-raterのみによって実施されるが、本試験においては人間の採点者とe-raterの両方によってエッセイが採点される。

 

ETSとは

ETSとは、TOEFL iBTテスト、GREテストのテスト問題作成・テスト運営を行っている米国ニュージャージー州に本部を持つ団体です
こんな商品も見ています
人気ランキング
閲覧履歴